新视讯,闻天下

威速独自研究開発が特許を得る

先ごろ、北京国際知識財産権局より喜ばしい知らせが届いた。威速(V2)科技が研究開発した「インターネットマルチメディアリアルタイム通信のFEC前方誤り訂正」に、中国知識財産局発布の特許発明証(特許番号:zl0211312087.証書番号:第265028号)が授与された。特許審査委員の表明によれば、この高品質の発明特許の授与は、威速(V2)のインターネットマルチメディアリアルタイム通信の主力技術で、国際テレビ通信分野の技術は先進レベルに達したことを表す同時に、我国のマルチメディア通信業務の発展を積極的に促進させるものである。

威速(V2)は国内トップのインターネットマルチメディアメーカーとして、10年近くの技術研究と市場開拓を続け、アジア太平洋地区で最もシェア率の高いソフトメーカーである。技術発展を続けるハイテクノロジー企業として、自社が研究開発した技術及び知識財産権管理は、威速(V2)戦略発展の最も重要な一環である。CEO楊丹の発表によると、現在世界のテレビ会議製品メーカー同士の技術競争のポイントは、インターネットオーディオビデオ圧縮アルゴリズムとトランスミッション技術にある。この点で、威速(V2)が以前より有していた国際先進特許2項目は「「ビデオ圧縮レート制御アルゴリズム」と「音声ビットのバケット修正アルゴリズム」である。威速(V2)は今後も研究に力を注ぎ、技術革新を続け、ユーザーのニーズに応え、世界をリードするテレビ通信会議メーカーとなるであろう。