新视讯,闻天下

CCW報告:威速(V2)2006年中国テレビ会議ソフトウェア市場での再びシェア第一位。

中国の権威ICT研究諮問機構である「計世資訊(CCW Research)」は先ごろ2006年中国テレビ会議業務発展動向報告」の中で、威速(V2)科技は国内のテレビ会議ソフトウェアシステム市場で敵無しであると表明。

分析者の見解:中国テレビ会議ソフト製品の発展加速に伴い、市場も飛ぶ勢いで伸びている。インターネットブロードバンドの普及により、テレビ会議ソフト製品の低価格と性能の向上は、中小企業ユーザー群にとっては大きな魅力がある。国内テレビ会議ソフトウェアメーカー中、威速(V2)科技は2006年中、50%の伸び率を以ってこの市場のシェア率第一位となった。

2006年は威速(V2)にとっては収穫が多い年であった。業界内クリエイティブ企業賞と優秀ソフトウェア賞受賞後、中国の権威ICT研究諮問機構であるCCWより、2006年販売額トップ企業の認定をうけた。2003年、2005年に続き、再び市場シェア率トップというタイトルを得たのである。国内映像ソフトウェア産業のNO1としての販売額の大幅上昇は、威速(V2)の長年にわたる研究努力の成果である。一方、独自の技術自主開発に力を入れ、、優秀な技術グループが国内市場最も優れた映像ソフト製品を開発生産。また、セールスチームは、販売店ルートを一気に拡大し、威速(V2)の年度セールス量を大幅に増加、その礎を築いた。現在、威速(V2)の主力製品v2 conferenceネットテレビ会議ソフトシステムは、金融、電信通信、政府、エネルギー、軍警、教育、医療等の業界に深く浸透し幅広く利用されている。