新视讯,闻天下

中国太平洋保険グループ テレビ会議システム通信の容量拡大と管理のシームレス化

中国太平洋保険株式会社グループ(以下 太平洋保険)は「V2テレビ会議威グローバルオフィスシステム」をバージョンアップし、大容量の通信システムは太平洋保険の5000あまりの各ランクの支部や組織及びセールス部をカバーし、営業現場で使用する保険商品セールスマンは185,000名にも及ぶ。同時に、このシステムの導入の成功によって、アジア太平洋地区で端末利用ユーザーの最も多い「企業版テレビ会議オフィスシステム」となった。  

太平洋保険のネットワーク情報部員の話によると、グループは2004年より威速(V2)科技V2 Conferenceネットテレビ会議システム「テレビ会議グローバルオフィスプラットフォーム」を採用。V2 Conferenceの提供する高品質の音声と映像、多大な共有データ、臨機応変に組み立て分解のできる機能、さらに通信キャリアレベルの高安定性と大容量は、グループのオフィス環境でも簡単なデスク上の打ち合わせから会議室で行われる正式な会議まで、各種各規模に対応可能。職員の「デスクトップオフィス」として必要不可欠なものとなった。

1.大規模且つ通信キャリアクラスの安定性

太平洋保険の業務のパターンを大まかに分けると、まず産険、寿険の2会社を筆頭に、全国各省の支社が配置されている。中国全土及び海外支部の多くの組織と階層をカバーし、「テレビ会議グローバルオフィスシステム」の利用顧客は5000戸数、接続ポイントは2000余り。

保険セールスマンの入れ替わりは激しく、研修が頻繁に行われ、さまざまな新商品も発売される。その中でも全国の支社・支店と、セールスサイトとの音声映像のやり取りは最も重要である。顧客のニーズを満足させるため、システムプラットフォームは大人数の会議参加、マルチ会議の同時開催及び、音声と映像のなめらかな送受信をサポート。威速(V2)科技は大企業ユーザーの為に、高性能大容量のテレビ会議ソフトウェア製品を開発した。

このような大規模組織に適した、安定したネットテレビ会議ソフトは現在のところ業界唯一の製品であり、1000人以上のユーザーが同時に会議参加が可能。さらに無数にネット会議室が設置でき、且つ多階層接続により数千の回線上で音声映像をやりとりできる。また、映像・音声の互換、インターネット放送、リモートアクセス、チャット、電子ホワイトボード、ファイル共有、ファィル転送等の多機能を一体化した、総合マルチメディア型ネット会議プラットフォームでもある。太平洋保険はV2 conference導入後、遠隔地業務の大部分を当製品によって行い、テレビ会議でのコミュニケーションを必須業務のひとつとした。企業の運営効率は大幅にアップ、これは正に金融保険業の成功の道である。

2.柔軟な組織体制と多角的コミュニケーション

V2 conferenceの一貫統一管理システム環境とフレキシブルな多会議室機能を利用し、太平洋保険本社総本部はテレビ会議にて全国組織の会議と業務研修を行う。また支社は各省のセールスサイト組織のための会議を開催。太平洋保険では複数の会議が同時に開催できる。他部門、他支社が主催する会議予定もはっきりと表記され、各地各部門の関係者はオンライン参加が可能。V2 Conferenceと連動するV2 IMシステム(即時通信システム)は業務連絡用のインスタントメッセンジャー機能を提供する。電子メールや、OA機器を利用した文字伝達によるコミュニケーション不足や面倒な問題は過去の話となった。 

3.会議、研修、協力

保険会社社員は全国定例会と業務交流等の通常利用の他、管理会議、業務研修、各地入社試験、顧客交流会等にもV2 Conferenceテレビ会議システムを良く利用する。社員はデータ-機能を利用して、難解な新商品、契約条項、保険費率、加入承認条件等の説明をする研修を常に行なっている。また以前の研修にかけていた膨大な労力と時間をカット、新商品の市場シェアを速やかに積極的にコントロールしている。 

4.効率の高い管理とコストのコントロール

数多くのポスト、エリアの分散、職員の増加、過酷な市場競争は業界が直面している大きなプレッシャーである。情報化システム構築の目的は低コスト管理にて、連絡決済効率をあげることである。V2 Conferenceテレビ会議システムの利用における成功は、太平洋保険の管理効率の引き上げ、旧来の交流、絡管理方法であった高額な出張費、通信費、研修費の大幅な引き下げである。この件は本社重役達の関心と同意を得た。太平洋保険情報センター財務部の統計によると、2005年の一年間で、出張、会議、通信、研修費用総額は約一千万人民元程減少された。

現在、中国の保険業界は高度発展期にさしかかり、保険業界の経営パターンも多種多様に発展している。保険会社は既にITを業務拡大設備として投入,企業競争力を引き上げる巨大な促進作用を持つと意識している。2010年までに、中国の保険業界情報化確立に80億元近く投入する予定である。

威速(V2)科技は国内テレビ会議ソフトウェアトップメーカーとして、目下V2 conferenceネットテレビ会議システムが世界の金融システム業界に幅広い支持と多くの賞賛を得ている。同時に、政府、企業、教育、医療、電信交通、物流等の業界にも幅広く使用され成功を収めている。また、アジア太平洋マーケット地区シェア率NO.1でもある。