新视讯,闻天下

V2テレビ会議が韓国銀行界ナンバー2Woori Bankに進出

2009年3月、韓国韓華グループ、韓国大韓人寿、韓国Shinilグループ、韓国Langsclubグループ、韓国ASAPグループ、韓国Dreampharm Resortグループが相次いでV2テレビ会議システムを採用。その後韓国ナンバー2銀行のWoori Bankも、V2テレビ会議システムを利用した大容量電子テレビ会議を開催した。Woori BankのV2テレビ会議システム(www.v2tech.com)利用の成功例は、アジア太平洋マーケットでは既に幅広く注目され且つ認められていることを示している。

韓国ウリ銀行Woori Bankは韓国において企業資産ナンバー2の銀行であり、1899年1月に創業された。2006年末には、Woori Bank総資産の規模は2012億米ドルに昇り、純利益は17.6億米ドル。

企業内の集約管理の更なる強化の為、Woori Bankはテレビ会議ソフトの導入を決定。ブロードバンド通信ネットワークを基本としたこのシステムを導入し、本店と直属の各支店との連絡体制を確立する為に、言語、画像、画面でのの共同表示ができるようにというニーズを実現。その後、準本店以上によるテレビ会議システムが確立実現された。同時に、本店はテレビ会議を通じて、直属の部門支店への監督を強化。業務管理、業務遂行の効率化、会議の負担も減少。マルチメディア情報の交換を通じ、視聴覚に訴えた、明確明瞭、スピィーディー、クリアな会議効果を実現。今後更に一歩進んでWoori Bankの縦管理を実現する為に、安全、便利、スピーディーな基礎技術を提供。一方では、各分会会場では、このシステムを通じて、業務効率アップが期待され、双方向交流の技術訓練や、技術方案研究等の仕事も行われた。

韓国国内での多方面にわたる考察と調査の結果、Woori Bankは韓国においてV2のトップ代理店を訪ね、V2テレビ会議システムを試用。中国トップテレビ会議メーカーとして、威速科技の10年に及ぶ音声と映像の研究開発の結晶である?を続けたその主力製品のV2 Conferenceテレビ会議システムは特許技術を取得している。業界で最もクリア且つスムーズな高品質の音声と画像、送受信数量を抑えたブロードバンド、安全性、フレキシブルな互換性、且つ低コスト等のメリットがある。Woori BankはV2 Conferenceテレビ会議システムの試用、性能を確認するや、すぐさまV2 Conferenceテレビ会議システムを導入。

世界経済発展各国、各地区間の産業関連度は絶え間なく増加している。これはまさに、世界ソフトウェア市場の需要も絶え間なく増加しているということである。中国テレビ会議ソフトの第一人者であるV2 Conferenceテレビ会議システムは、数多くの国内顧客ユーザーに認められていると同時に、アジア太平洋地区への進出にも成功した。現在まで、威速(V2)科技は世界の10何カ国と地区に代理店を出店、販売店と契約。何百の海外企業法人顧客へV2 Conferenceテレビ会議システムを提供している。