专注,决定高度

V2 Conferenceテレビ会議システム统

V2 Conference

電子会議、e-learning、遠隔教育研修、地方の求人 …… コミュニケーションはますます重要になり、協業は切迫の度を高めている。現在のネット環境をいかに用いれば、全ての面において、臨機応変で使いやすく、安定性に信頼の置けるマルチメディア通信プラットフォームを構築できるのか、かつこのプラットフォームの上で人々の「いつでもどこでも、行き届いたコミュニケーションを」という願望がかなえられるのであろう?

音声と映像の機能

  • 国際標準GIPS率先採用したテレビ会議ソフトメーカー
    GIPSは世界最先端の音声問題解決プログラムかつ技術基準である。 V2は全世界でGIPSを率先採用し、高品質の音声通話のほか、会議の利用に焦点をあわせたエコー制御(AEC)、オートゲインコントロール(AGC)、ノイズリダクション(NR)等多種の音声処理機能を提供している。
  • 異なるネット環境下におけるクリア且つなめらかな音声の保持
    世界の先端を行く音声コーデック技術は、各ネットワークのバンド幅に対応、クリア且つ切れ目のない音声を保持。V2国家特許技術による音声高質化アルゴリズムは、極めて劣悪なネット接続条件下においても、良好な音声を保持。
  • 多重音声とマイクコントロール
    業界最先端の多回線技術の採用。臨機応変なマイク切り替え。
  • 音声最適化アルゴリズム
    V2特許技術のコードのフロー制御メカニズムとストリーミングの帯域幅の最適化システムはネット通信条件が悪くても、理想的な映像を提供。
  • きめこまやかでなめらかな映像効果
    デスクトップから会議室にいたるそれぞれの高画質アプリケーション、クリアできめこまやかな画面、本物に迫る色彩、粗、ゆがみ無し。
  • 多回線画面表示
    利用者の好みのまま任意に切換え可能。画面の大小と配置は自動調整又は手動調整を選択。各種ポイント強調、フル画面拡大、分割画面等さまざまな実用的な表示レイアウト。
  • 補助画面機能
    会議中の画像内容とデータ内容を同時にスクリーン表示。ウェブカメラの遠隔コントロールとパラメーターの指定、バックライト設定等。会議中のひとコマを静止画として撮影することも可能。随時各個所の会議の模様と参加者の映像を捉えることができる。
  • 会議の全面記録
    音声、画像、データ、ユーザーリスト等の内容を記録。ユーザーが録音録画をする際は、ニーズに応じて組み合わせを選択。同時に、会議内容の保存管理が可能。この機能は議長によって制限と公開がなされる。
  • 会議画像のローテーション
    システムは画像ローテーション機能を提供、切り替えパターンと時間はマニュアル設定可能。

データ機能

  • 豊富な会議データ機能
    V2 Conferenceはホワイトボード、ドキュメント共用、ファイル共用、ウェブ共用、デスクトップ共用、アプリケーション共有、投票、表決、会議日程手配等、多数の会議データ機能を備えている。併せて、会議中のチャット、リアルタイムでファイル転送も可能。
  • 効率性が高く且つ使いやすいアプリケーション
    V2 Conferenceは非常にデータ操作効率が良く、アプリケーション操作は簡単で、反応速度は速い。その他多種非常に使いやすい補助ツールも提供。
  • ホワイトボードとドキュメント共用
    ホワイトボード機能は、多人数で同時にビジュアル化された文字と絵の情報を見ることができ、ドキュメント共有機能も多数のユーザーに使われている。
  • スクリーンキャプチャ
    スクリーンキャプチャ機能は、スクリーン上のファイル画像を任意の大きさにカット、ホワイトボード上で共用できる。
  • デスクトップ共有とプログラム共有
    共有機能は、利用者がデスクトップ操作状況とアプリケーション操作状況の段取りを全体または会議参加者で共有するのに便利である。ソフトウェア研修、遠隔問題解決等の条件の中で重要な役割を果たす。
  • 投票と表決
    システムは投票と表決機能を提供。議長は随時投票議題と票決発起の設定が可能、結果発表、記名、単独選定、多数選定をするかどうか等の項目をも設定可能。オンライン研修や試験、アンケート調査等にも利用可能。
  • 会議日程手配
    ユーザーは議題、開催時間を予め計画。会議に必要なドキュメント、ホワイトボード、ウェブページ等の資料を事前に準備。計画通り滞りなく会議を進行させる。

特殊機能

H.323ハードデバイスの相互連結

  • システムとH.323及びSIP基準ソフトハードウェアテレビ会議デバイスは相互連結可能。連結可能規格は次の通り:Polycom、TANDBERG、科達、華為、鼎視通、SONY、RADVISION、VCON、辰星、VTEL、LIFESIZE、その他各種基準H.323ハード端末及びMCU(多地点接続機能)ハードウェア製品。

電話での会議途中参加

  • システムはPSTN、VOIP通信を利用して、普通固定電話、携帯電話で会議に途中参加可能、多回線でも同時接続。

ユーザー元情報システムの完全統合

  • システムはユーザーの認証インターフェースを提供。OA、ERP、企業内部システム等の結合統一認証に便利。

IMシステムとテレビ会議システムの結合

  • システムは、テレビ会議システムとIM(インスタントメッセンジャー)機能(リアルタイム通信システムを伴う。一つのプラットフォーム上でユーザーに更に豊富な機能を提供。具体的な機能:
    • 同一プラットフォーム上でのテレビ会議とIMの結合
    • オンライン通知機能
    • オンラインコールとIM会議機能
    • 連絡人の管理、グループ管理、個人状態設定等IMシステム機能

システムの構成

  • 先進のIETF XMPP基準プロトコル使用
    V2は初のXMPPプロトコルメカニズム利用のテレビ会議ソフトウェアメーカーである。V2 Conferenceは、V2に備わっているマルチメディア通信分野の先端開発技術と豊富な製品と設計の分散型、モジュール化、大容量の純正テレビ会議ソフトウェアプラットフォームを整備。システムの拡張性と未来の機能発達を充分考慮し、ユーザーの為に統一された、完璧なインターネットマルチメディア通信アプリケーションを提供。
  • 通信事業者レベルのソリューション
    V2 Conferenceは、キャリア基準で設計開発のインターネット通信製品。サーバー接続。分散処理、高質化設置方案を提供、大多数のユーザーに受け入れられている。V2 Conferenceネットテレビ会議システムは、強力で優勢な機能とキャリアレベルの安定性により、ついにNGNとIMS(次世代ネットワークと通信方式)解決方案における多数製品ラインとして、華為の世界戦略連盟パートナーとなった。
  • 多数サーバーの連結設置
    ユーザーの実際利用状況に応じ、システムを異なる場所に置かれたたサーバー上に分けて設置。CPU及びインターネット処理のボトルネックを分散し、ネットワークに最も適合した分散構造型システムはユーザーに効率の高いサービスを提供。
  • システムのカスタマイズ
    分散式システムは、強力な拡充機能を提供、モジュール化の構造はシステムのフレキシブルさを強化。
  • 国内インターネットの特徴に合わせた独自設計
    サーバー接続方法は南北電信インターネットネット問題を解決した。サーバーのデーター分析分類機能はシステム全体をユーザーの利用状況に応じて随時調整可能。この他に、国内インターネットQosの決して良好でない状況に対して、V2はビットの配列錯誤修正し音声を高画質化するアルゴリズム、ジッタ除去アルゴリズム等の多数の技術を用いてアプリケーションの優先を保障した。
  • 三分でアプリケーション操作を把握
    ユーザー端末設置不要、簡潔でビジュアルな画面、直感的操作を可能。
  • マルチキャストサポート(Multicast)
    大量ユーザーの会議傍聴傍観のニーズを満足。
  • 標準タイプの管理システムインターフェース
    MySQL、SQL-SERVER、ORACLE等のデータベースもOK。ニーズに応じて拡張とオーダーができる。

ネットワーク適応能力と安全管理メカニズム

  • ファイヤウォールのバリアフリー
    NAT、代理サーバー及び各種ファイヤウォールに対して、多種の解決方案メカニズムを提供。特有のHTTP Tunneling技術がファイヤウォールアプリケーション使用に対し最大限のサポートと満足を提供、ユーザーはインターネット接続後、すぐに会議に参加できる。
  • インターネットの適合と高質化
    V2 ConferenceはRTPによってマルチメディアデータ転送。その他ジッタ除去アルゴリズム、ビットバケット修正アルゴリズム、ネットワーク対応適合アルゴリズム、V2特許技術のビットレート制御システムは、インターネット下の通信アプリケーションに対しての影響を最大に減少。複雑なネット状況下においても理想的な効果を約束。
  • ブロードバンド集中制御管理
    システムはブロードバンドリソース集中管理戦略を採用。テレビ会議アプリケーションのネットリソース利用に対しての有効。V2 ConferenceのQoS対策はIPLRとDiffServ等メカニズムをもってする。
  • クライアントの多様なアクセス方法
    ユーザーは多様な方法を以ってテレビ会議に参加可能。ADSL、LAN、ナローバンドでもOK。
  • ユーザー権限身分検証
    会議参加者の身分は、議長ユーザー、相互ユーザー、傍聴ユーザーに区分され、議長ユーザーは会議全体の進行を管理できる。 •議長権限コントロール システムは議長コントロールメカニズムを提供し、会議の安全、秩序、コントロール進行を保証。
  • 会議の高度な安全性保障対策
    システムは高度安全保証と安全検証策を有し、データ転送には業界最先端の効率、安全性の高いSSL(Secure Sockets Layer)の暗号化機能を加え、情報転送の安全と信頼を確保。 •WEBに基づく遠隔管理 Webによる遠隔管理機能には、ユーザーの管理、会議の予約、設置、中止、延期、会議通知、会計インターフェイス等を含む。