专注,决定高度

V2 Conference 大容量テレビ会議システム紹介

したV2 Conference 5製品を基礎とし、マルチメディア通信分野の最先端開発技術と長年の企業運営成功と経験が、更に安定と実用にマッチした純粋なネットテレビ会議プラットフォームの設計を可能にした。正に業界唯一、一つの会議室に同時に1000人以上のユーザーがアクセスできる無限の会議室を備えたシステムである。どこにいても、オフィス移転をしても、どんな悪条件下においても、速やかに会議に参加できる。まるであなたにあわせて会議室も移動したかのようである。あなたの座っているところが会議室となる。

このシステムは何セットもの主従メカニズムの会議連結システムサービスを持っている。ユーザーが実際の利用環境の違いに基づき、ネットワークを最適に運用するようにてシステムを設置。同一のプラットフォーム上でのリアルタイム通信機能(V2 Tone)とテレビ会議機能のシームレス結合化は、ユーザーの多機能アプリケーションの運用を可能にする。一対一の通信、オンライン感知、リアルタイム会議、多方面からの相互交流等、多種多様の顧客のニーズに応える。システム分散、プラットフォーム構造のモジュール化はシステムに強力な拡張能力をもたらす。V2 Conference Ultraはシステム設計上、有望的な拡充性と開放性を有し、企業大規模設置と電信事業運営の為に、強力で完全なアプリケーションプラットフォームを提供。

初のメインサーバーと親子システムによる管理設置方案

このシステムは、業界初のメインサーバーと親子(多階層接続)システムを利用したものである。子システムは地球全体の異なった地域にあるサーバーに配分され、子システムは親子サーバー連結方法を採用し、インターネット処理ボトルネックを解消、極力ユーザーのCPU占用率を減らし、使用ユーザー数の増大を実現した。メインサーバーをシステムの唯一の登録と総コントロールをする中心とし、全ての親子システムの管理、監督、アップグレード作業を提供。管理者も各サーバーに対して遠隔統一集中式のメンテナンスが大変便利になった。メインサーバーは二機がスタンバイ体制をとり、サーバーの安定運行を保障している。システム基本メカニズムは以下の図のとおり。

グループバランスと会議室自動マルチダイナミックバランス多機スタンバイモデル

システムはV2自社研究のグループバランスと会議室自動ダイナミックバランススタンバイモデルを採用。全ての会議の第一参加者ユーザーは認証された後会議室に訪問が可能になる。分配されたあと、会議ごとに最も適したサーバーを探して会議ルームに入る。このモデルは、これまでの伝統的な会議予約時に分配をするというシステムを打破し、更なるサーバーの安定運行と会議の順調な進行を保障した。併せて会議開催中にMCUが接続に手間取ったり会議を退出した場合、一組目のユーザーが会議室入室待機中であれば、再び自動的に適したサーバーが選ばれ会議室に入る事ができる。会議効果も上がり、他の会議開催の障害にもならず、全ての会議システムの性能とバランスを保証。

威速(V2)科技製品の一貫したメリットは、V2 Conference Ultraがユーザーに高品質の音声映像通信と、一度に千人以上のユーザーがシステムにログインできる環境をを提供していることにある。56Kダイアルトーンログインからブロードバンドのインターネットまでの環境下において、このプラットフォオームを利用し、ユーザーは普通のPC設定を通じて、音声映像基準デバイスをインプット、アウトプットデバイスし、Internet / Intranet上の全方面におけるコミュニケーションを実現した。システムはクリアで滑らかな音声だけでなく、クリアでスムーズなテレビ映像を提供。同時に映像24回線と混声12回線、ユーザーの多方面にわたる音声映像通信への要求を最大限に満足させている。

システムは、H.323デバイスの相互通信、ルーターサービスを提供。多種方式の相互方案を提供し、ユーザー端末ブリッジ接続、ユーザー端末直結、MCU直結等、国内外多モデル主流ブランドデバイスとの相互結合を実現。ユーザーの為のアプリケーション拡大、システム拡大があらゆる面で最も適した解決方案を提供。

V2 Conference Ultraの提供するデータシェアリング機能はユーザーに更に深い情報交流とビジネスシップを更に便利に全面的なものへと変えていく。増強されたデータシェアリングはホワイトボード、ドキュメント共有、ファイル共有、アプリケーション共有、ウェブ共有等。同時に、全面的なインターネットメルチメディア通信プラットフォームとして、V2 Conference Ultraは豊富なインターネットファイル管理機能を提供。この機能を利用して、ユーザーは随時の管理とインターネット上の個人ファイルデータを保護、データ-会議の複雑度を大々的な簡素化。またデータ会議アプリケーション機能をより強大に、効率高く、簡単にした。

V2 Conference Ultraは普通電話との発信と受信機能を持ち、PSTNサウンドボードシステム設定を通じ、固定電話、携帯電話からでも会議に参加可能、音声でコミュニケーションと討論が可能。テレビ会議のアプリケーションは多元化する。

V2 Conference Ultraは、VOIP電話と連結、VOIP通信設定を通じ、会議システムはVOIPユーザーを呼び出せる。VOIPユーザーもまた会議システムを呼び出せる。

V2 Conference UltraはSIPデバイスと連結、SIPサービス設定を通じ、SIP端末と完全に相互連結できる。

V2 Conference Ultraは、強力なインターネット適応性を持ち、その技術のHTTPトンネリング技術は、厳しいインターネット安全管理の状況下において、ひとつのインターネットポートを通じ、(通常80ポートを利用であれば)全てのテレビ会議機能を実現可能、「ネットにつないですぐ会議」という最大の満足を果たせるであろう。

V2 Conference Ultraユーザーのデスクから会議室に到るまで、異なるアプリケーションニーズに応えられる。デバイスを通じて異なる音声映像周辺機器を接続し、便利な会議端末を、デスクトップと会議室及び更に大型会議場アプリケーションの中に設定、ユーザーに各レベルと規模のアプリケーションプラットフォームを提供できる。マルチ会議室のメカニズムは、ひとつの会議システムの中で、同時にたくさんの会議を開催できるという、実際要求を満たしている。H.323端末デバイスとの連結は、ユーザーにもともとのシステムとの結合の整理方案をも提供。

V2 Conference UltraはWEBのアプリケーションの基づき、ユーザーがIE等のブラウザービジットセンターサ-バーを通れば、会議室登録も完成、ユーザー端末への自動ダウンロード、セットアップ、アップグレードができる。前もってユーザー端末にダウンロードセットアップをする必要がない。親子システムの保護、管理等の機能もWEB形式遠隔ビジットセンターサーバーで実現。管理手段は豊富で、操作は簡単。

V2 Conference Ultraはユーザー登録メインサーバーが会議を登録しているとき、ユーザーは自動割当か、手動選択かを選ぶことができ、最も優れた子システムの中の会議サーバー上に相応する。相応する子システムのサーバーはバックだけに存在し、センターサーバーによってコントロール、管理、会議の割り当てがされる。ユーザーはひとつのセンター会議サーバーのホームページを通って、他の子システムに入ることが可能、子システムの会議サーバーで会議を開くことができる。

クリアで滑らかな高品質の音声映像効果、全面的な効率の高いデータ管理機能、シンプルで操作しやすいインターフェイス、便利で完璧な遠隔管理と保護手段、先進的なシステムプラットフォームメカニズム。V2 Conference Ultraの機能、性能、技術の将来性は、業界をリードする技術と製品として優勢な立場にあり、V2は、その技術と専門的なカスタマーサービスを以って、ユーザーの為に「いつでもどこでも、そつなく」の大容量インターネットコミュニケーションプラットフォームを打ち出した。

V2 Conference Ultra特徴:

  • 頑丈なメカニズムシステム
  • 先進のプロトコル基準
  • 強力な親子システムの設置
  • 知性的な会議登録方法
  • 高品質の音声映像効果
  • 操作のしやすいインターフェイス
  • 効率的で実用的なデータ管理
  • 会議の全面記録
  • パワフル機能のセンターサーバー管理策
  • 各親子システムの相互バックアップで、スムーズな会議の開催
  • 強力なネットワーク適合能力
  • フレキシブルに利用できる会議補助機能
  • テレビ会議システムハードウェアとの連結
  • 電話で会議に参加
  • VOIPユーザー会議参加
  • SIP端末の連結
  • 安全信頼のトランスミッションロック機能
  • デスクから会議室に到るまでの整ったアプリケーション

V2 Conference Ultraのメリット

ユーザー、会議、サーバーの統一管理。
ユーザー、会議、サーバーの管理業務は、メインサーバーにて遂行。会議機能と管理機能を分離。ユーザーの登録会議、管理システムはひとつのセンターサーバーで可能。ユーザーの操作を簡略化し、システムのリスクを下げる。
会議リソースの統一管理。
会議システムのユーザーリソース統一はメインサーバーにて管理を実施、支社のリソースシェアリングも可能。リソースの高効率利用。
センターサーバーの商用WEBサーバー、データ-ベース採用、負担の大きい条件下における安定運行の保障。
商用WEBサーバー、データ-ベース採用、システムの安定運行の大幅アップ、さらに信頼性の置ける大容量のデータ-管理。
メインサーバーには二機がスタンバイ、システム運行の信頼性アップ。
メインサーバーはシステム全体の調整管理の中心であり、信頼運行を保証するため、二機でスタンバイという解決方法を取った。
システムの無限拡大。
システムは独立の親子システムで容量を増加するという方法を採用、システムの負担が大きいとき、子システムの子サーバー数を増加、または子システムを独立させることができる。立体容量拡大も可能。同時に、ライブサーバーの増加に伴い、子システムの容量をアップすることもできる。超規模な会議も開催可能。
各子システムの相互に影響を及ぼさない独立運行。
一子システムの故障はその子システムの会議にのみ影響を及ぼし、他の子システムは影響なく正常運行できる。
子システム間の相互バックアップ。
一つの子システムに故障が発生した場合、システムは自動的に他の子システムに会議を移動。相互でバックアップをし、システム運行維持能力を際限にアップ。