专业,致胜关键

医療衛生保健業界解決方案

業界需要

昔からの医療通信システムには限界があり、遠隔地とのコミュニケーションと問診は難しく、先進医療技術の迅速な伝達方法もなく、患者への医療資源提供も不可能であった。このことから、遠隔医療、遠隔学術交流及び研修が行なわれ、医学情報化と機能アップの発展へと導いた。

使用状況

V2 Conferenceテレビ会議ネットシステムを利用して、遠隔医療問診プラットフォームを構築。病院と病院間、及び患者と専門家の間でリアルタイムの音声映像データ-管理、高画質の写真転送と共同チェック機能を提供。専門家の更なる正確な病状診断を保証、本当の遠隔「望聞問切(四種類の診断)」が実現した。

広い地域では、医学衛生資源は限りがあり、多数の分機構と遠距離の医療機構はどうしても業務研修が足りないのが現実である。そこで、V2 Conferenceテレビ会議システムを採用し「遠隔医学教育プラットフォーム」を構築し。地方の医療機構にリアルタイムで医学教育、学術交流、患者に遠隔問診を施した。医療機構は簡単な操作と、音声映像データ効果を利用して、優秀な医者の研修と教育、自分自身の迅速な医学医療レベルアップのためにこのシステムを受け入れた。

このシステムを利用し、医療主管部門は、地方都市、区、県衛生局組織に属する病院の毎日の日常会議においても、各病院間の良好な業務コミュニケーションプラットフォームの橋渡しとなった。

その他の使用

  • 手術実況
  • 遠距離オフィス会議
  • 遠隔コンサルタント 

使用効果:

遠隔医療は医療機構と患者の「健康の安全の掛け橋」となり、患者は遠い道のりを時間とお金をかけることなく、診断の効率もあがる。医療遠隔授業については、医療教育機構が医療知識を伝達するのに最も効率の良いネット教育プラットフォームを提供。

モデルケース

  • ·中国医科大学附属第四医院
  • ·華西遠程医学センター